仏ノートルダム寺院で大規模火災 尖塔崩壊

パリ中心部にある観光名所ノートルダム寺院で4月15日夕、大規模な火災が発生した。火災により同寺院の尖塔が崩壊。1000年近い歴史を持つ寺院とその貴重な芸術作品の数々の将来が危惧されている。

 火災はフランスのカトリック教徒らが復活祭を控える中で発生。
ノートルダム寺院からは炎と大量の煙が立ち上り、パリ市民や観光客らは
戦慄の表情を浮かべてその様子を見守った。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック