アマゾン、中国ネット通販撤退へ

インターネット通販大手のアマゾンは4月18日、中国国内でのネット通販事業を7月18日に停止すると発表した。
アリババグループなど中国勢が圧倒的なシェアを持つ中、アマゾンは現地化がうまくいかずに競争に敗れ、撤退を決めた。

 アマゾンは2004年に中国のネット通販企業を買収して中国市場に参入したが、競争に敗れ、撤退する。
 昨年のアマゾンのシェアはわずか0.7%だった。

アリババや京東集団(JDドット・コム)など中国勢が安売りや物流事業の強化で消費者のニーズをつかんで急成長して圧倒的なシェアを持っている。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック