久保山砦

415.JPG
久保山砦は、天正12年の小牧・長久手の戦いで、
秀吉方が築いたとされる砦である。

現在の熊野神社社地一帯が砦の位置と考えられる。社殿前には案内板がある。

「外久保砦跡」とも呼ばれる。砦の規模は東西二十三間、南北十六間あった。
長久手での合戦後、豊臣秀吉がこの砦で全軍を指揮したと伝えられており、この砦を「太閤山」とも呼ぶ。

421.JPG
砦跡に建つ熊野神社







この記事へのコメント