テーマ:ヨーロッパ

ノートルダム火災、現場から絵画回収 鉛汚染の恐れ

大火災に見舞われた仏パリのノートルダム大聖堂で4月19日、聖堂内に残されていた全絵画の回収作業が行われた。ただ環境保護団体は、現場が有害な鉛で汚染されているとしている。  文化省職員らは、美術品の回収作業を開始。作品はルーブル美術館に運ばれた。絵画は煙や水による比較的軽い損傷の修復が行われた後、聖堂に戻せるようになるまで保管される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仏ノートルダム寺院で大規模火災 尖塔崩壊

パリ中心部にある観光名所ノートルダム寺院で4月15日夕、大規模な火災が発生した。火災により同寺院の尖塔が崩壊。1000年近い歴史を持つ寺院とその貴重な芸術作品の数々の将来が危惧されている。  火災はフランスのカトリック教徒らが復活祭を控える中で発生。 ノートルダム寺院からは炎と大量の煙が立ち上り、パリ市民や観光客らは 戦慄の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリアの子どものミイラ、天然痘でなく肝炎に感染 DNA分析

天然痘の痕跡を示す中世最古の感染例と考えられていたイタリアの子どものミイラについて、実際には天然痘ではなくB型肝炎に感染していたことが分かったとする研究論文が4日、発表された。最新のDNA分析で突き止めたという。  米医学誌に掲載された論文によると、この幼い子どもは16世紀にイタリア南部ナポリにあるサン・ドメニコ・マッジョーレ教会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more