世界最古の洞窟壁画を再現、南仏ショーベ洞窟の実物大複製が完成




世界最古の洞窟壁画で知られ、国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)の世界遺産に昨年登録されたフランス南部アルデシュ(Ardeche)県バロン・ポン・ダルク(Vallon Pont D'Arc)のショーベ洞窟(Chauvet Cave)の実物大の複製が、本物の洞窟の近くにこのほど完成した。

 ショーベ洞窟の壁には、約3万~3万2000年前に描かれたとされる馬などの動物の壁画や手形が残されている。洞窟の入り口が約2万3000年前に落盤でふさがれたことで、1994年に発見されるまで、1000点を超える壁画が驚くほどよい状態で保存されていた。これらの壁画を保護するため、フランス当局は洞窟を一般公開せず、近くに複製をつくって公開する方針を表明していた。
毎日10,000ポイントが30人に当たる[モリモリ選手権]開催中!【げん玉】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック