アメリカの台湾への武器売却計画に「断固たる反対」 、中国

米政府が総額22億ドル(約2400億円)相当の武器を台湾への売却を承認したことを受けて、中国は9日、米国に「強烈な不満と断固たる反対」を伝え、同計画を「直ちに取り消す」よう要求した。最新鋭の戦車や携帯型地対空ミサイルなどの売却が含まれるこの計画をめぐり、米中の緊張がいっそう高まっている。  米国防安全保障協力局によると、売却計画には主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more